オフィス・ムジカシリーズ#240
ヴァレリー・アファナシエフ ピアノ・リサイタル2013

公演アンケートより
2013年6月12日(水)アクロス福岡シンフォニーホール

終演後にいただきましたアンケートから、そのいくつかをご紹介します。
 

♪ この世に生まれて良かった! というような演奏でした。ベートーヴェンもさぞかし喜んでいることでしょう。音が直接体の細胞の一つ一つに入ってゆくようでした。(60代男性・福岡市)

♪やはり彼の音は美しく柔らかい。音と対話しているような弾き方には見入ってしまう。ずっとこの人の音を聴いていたい。本当に幸せだ。(30代女性・春日市)

♪ 近頃は音楽をゆっくり楽しむ時間がありませんでした。心のゆとりがなかったのですね。アファナシエフは、私一人の為に演奏している様な気持ちにさせてくれます。こんなピアノが好きです。(60代女性・古賀市)

♪ 本当に素晴らしい演奏。風格があり、また、かそけき音がこの上なく美しい。(60代男性・福岡市)

♪ 深み。あたたかみ。熟練。体をまかせられる。(30代女性・福岡市)

♪ 思索にふけさるベートーヴェンのピアノソナタは心を深くしてくれます。ベートーヴェンの凝縮されたピアノソナタをアファナシエフさんの演奏で聴けた今夜は忘れられない夜になりました。息苦しい、身体が熱く、ベートーヴェンが演奏しているように思えました。(60代女性・直方市)

♪ 余韻の世界を初めて感じた。

♪完璧なベートーヴェンの世界を完結させた後のアンコールはやはりなくて良かったと思った。アファナシエフの信念が伝わりました。

♪ 今日の演奏、素晴らしく感動しました。(70代男性・大分市)

♪ こんな素晴らしいコンサートなのに観客が少ないのがとてもとても残念、もったいない。今日は3名で誘い合わせて参りました。(60代女性・北九州市)

《公演詳細》