オフィス・ムジカシリーズ#235
オペラ・オペレッタ クラシックス ウィーン・シリーズ2012
Bühne
 バーデン市劇場 オペラ Stadttheater[bühnebaden]
プッチーニ:歌劇『トスカ』 全幕公演・字幕スーパー付き

2012年 9/19(水) 6:30pm開演(6:00pm開場)   熊本県立劇場演劇ホール

主催:オフィス・ムジカ  後援:オーストリア大使館、オフィス・ムジカメンバーズクラブ


好評発売中!

「歌に生き、恋に生き」や「星は光ぬ」などの名アリアの数々!
イタリア・オペラの傑作を 300余年の歴史を誇るオーストリアの名門、
バーデン市劇場が上演。

オーディションで選りすぐったヨーロッパで活躍中のソリスト達

Bühne バーデン市劇場 Stadttheater[bühnebaden]
管弦楽:モーツァルティアーデ管弦楽団
演出監督:ルチア・メシュヴィシュ
指揮:クリスティアン・ポーラック


オペラ『トスカ』〜ジャコモ・プッチーニが作曲し1900年1月14日にローマのコンスタンツィー劇場で 初演されたイタリア語による全3幕の歌劇。台本はルイージ・イッリカとジュゼッペ・ジャコーザの2人による。

あらすじ〜ときは1800年、ナポレオン率いるフランス軍が欧州を席巻していた頃のローマ。 画家カヴァラドッシと、その恋人で有名歌手トスカの物語である。画家は脱獄した政治囚の 逃亡を助けたために死刑宣告される。 トスカは、彼を救おうと警視総監スカルピアを殺すが、 スカルピアの計略でカヴァラドッシは処刑され、トスカも彼の後を追って自殺する。


ウィーン近郊の保養地であるバーデン市は、ヨーロッパのオペレッタのメトロポール“首都”と いわれ、市立劇場であるバーデン市劇場は1916年にフランツ・ヨーゼフT世(オーストリア= ハンガリー帝国の皇帝およびハンガリー国王)の即位60周年を記念して創立された。 フランツ・レハールの有名なオペレッタ「ルクセンブルクの男爵」が初演されたのをはじめ、数々のオペレッタがここで上演され続けてきた。6月〜9月には音楽ファンが世界中から集まり、 バーデン・オペレッタフェスティバルが開かれる。  
S A B C
一般
\10,500 \8,000 \6,000 \4,000
メンバーズ
クラブ
\9,500 \7,300 \5,500 \3,500
学生券 \5,250 \4,000 \3,000 \2,000
残席状況 良い席は
お早めに
余裕あり 余裕あり 売り切れ
予約方法

電話・HP
プレイガイド

電話・HP
プレイガイド
電話・HP
プレイガイド
売り切れ
*小学生未満の方のご入場はできません


チケットのお申込みと同時のご入会も受付中
詳しくはこちら

 


HOME公演スケジュール
チケット申込
オフィス・ムジカメンバーズクラブ
ご意見・ご感想リンク集