ウィーン国立歌劇場等 ヨーロッパで活躍するソリスト達!
2012年9月19日(水) バーデン市劇場 歌劇『トスカ』

今回の来日公演の為のオーディションで選ばれた7名をご紹介!!
Floria Tosca フローリア・トスカ (ソプラノ)

Cecilia Berglund セシリア・ベルグルンド
ストックホルム生まれ。10歳でストックホルム王立歌劇場の舞台に立つ。ザルツブルグ国際グランディ・ヴォーチ・コンクール、ドイツのホムブルク・オペラクラシカ・コンクールに入賞。ザルツブルク音楽祭ではモーツァルトの「レクイエム」のソリストをつとめた。ザルツブルクでは「ポッペアの戴冠」タイトルロール、「魔笛」のパミーナを歌う。2010年には「椿姫」のヴィオレッタで大成功を納めた。今後はウィーンとブダペストでヴェルティの「レクイエム」のソロを歌う予定である。



Monika Rebholz モニカ・レーブホルツ
ドイツのムルナウ生まれ。ハノーファーのニーダーザルクセン州立歌劇場、ミュンヘンのプリンツレゲンテン劇場などで活躍した後、2006/7年のシーズンからシュトゥットガルトのヴェルテンブルク州立歌劇場と客演契約。2008年には同劇場で「ツァイーデ」のタイトルロールを歌い、ペーター・コンヴィチュニー演出の「魔笛」、ヨハネス・シャーフ演出の「ヘンゼルとグレーテル」等に出演。これまでに、ウィーンのムジークフェラインなどの世界の主要コンサートホールに出演。リンツ・ブルックナー管弦楽団などのオーケストラとの共演も数多い。

Mario Cavaradossi マリオ・カヴァラドッシ (テノール)
Eugene Amesmann オイジェネ・アメスマン
オーストリアのチロル生まれ。1997年から2000年にかけてドイツ、アンナベルクのエドゥアルト・ヴィンターシュタイン劇場の専属歌手として「椿姫」、「ドン・カルロス」などに出演。2003年から2007年までウィーン・フォルクスオーパーのメンバーとして「カルメン」、「ウエストサイド物語」など多くの役を演じた。2008年以降は、フリーとなりドイツ、スイス、オーストリアを中心に各地の歌劇場やオーストリア各地の夏季音楽祭に出演している。

Jason Papowitz ジェイソン・パポヴィッツ
アメリカ人テノール パポヴィツは、プラハ国立劇場でヨーロッパ・デビューを果たす。同劇場ではカッツァニーガの「ドン・ジョヴァンニ」のタイトルロールなどを歌う。また同劇場のニューイヤーコンサートに出演しテレビ放映された。スメタナ・ホールでプラハ室内オーケストラとオペレッタ・コンサートに出演。ザルツブルク音楽祭ではザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団と共演。世界各地で「アイーダ」のラダメス、「カルメン」のホセ、「イル・トロヴァトーレ」のマンリーコ、「トスカ」のガヴァラドッシなどを歌っている。

Barone Scarpia バローネ・スカルピア (バリトン)

Andrij Skhurhanアンドゥリイ・シュクルファン
ウクライナ生まれ。ラウリッツ・メルヒォール国際コンクールに優勝。ブッセートのヴェルディの声国際コンクールで第3位、ウィーンのベルヴェデーレ国際声楽コンクールでも第3位に入賞。ポーランド国立歌劇場では「リゴレット」のタイトルロール、「カルメン」のエスカミーリョを歌う。デンマーク王立歌劇場では「ファルスタック」のフォードを歌う。近年はチェコのシレジア歌劇場を中心に、プラハ国民劇場、プラハ国立歌劇場、ブルノ歌劇場などに出演。



Andrey Borisenkoアンドレイ・ボリセンコ
モスクワ音楽院を卒業後、現在はモスクワのグネーシン音楽院の最終学年に在籍中。2007年から11年までモスクワ室内合唱団のソリストをつとめる。フェドセーエフ、プレトニョフなどの指揮で数多くのオーケストラに出演。2011年にウィシネフスカヤ・オペラ・センターのソリストとなり「リゴレット」のタイトルロールを歌う。最近はミンスクのベラルーシ国立ボリショイ歌劇場で「スペードの女王」や「ボリス・ゴトゥノフ」に出演。今後はヴィシネフスカヤ・オペラ・センターで「皇帝の花嫁」のグリャズノイを歌うほか、ローマ歌劇場と「アッラィラ」で契約を結んだ。

 

Cesare Angelotti チェザレ・アンジェロッティ (バス)

Florian Kresser フロリアン・クレッセァル
1978年スイスのブレゲンツ生まれ。2011年にザルツブルグ・モーツァルテウムで「椿姫」のジェルモンを歌い、さらに、バート・ヘルスフェルト・オペラ・フェスティヴァルで「セヴィリアの理髪師」のドン・バジリオを歌う。また、ラインライトニブファルツ・フィルハーモニー管弦楽団とオペレッタ・ガラ・コンサートに出演。2012年には、ミュンヘン・アカデミー交響楽団とはツィマーマンの「皇帝と船大工」の皇帝を歌う。また、ウィーンでヴェルディの「レクイエム」のソリストをつとめる。これまでにチマローサの「秘密の結婚」のDVD、4枚のCDをリリースしている。

※配役は、公演当日の発表となります。 病気その他のやむを得ない事情での出演者変更は、予めご了承下さい。

《公演詳細》