ルーマニア・ブカレスト国立歌劇場
オペラ『カルメン』
(全4幕)


2011年 7/21(木) 6:30pm開演  崇城大学市民ホール(熊本市民会館)


公演中止のお知らせ
この度の東日本大震災ならびに福島第一原子力発電所の 事故を受けて、ルーマニア・ブカレスト国立歌劇場の来日が 中止となりました。これによって、誠に残念ながら公演を中止 せざるを得なくなりました。公演を楽しみにされていた皆様には 大変申し訳なく、深くお詫び申し上げます。


オフィス・ムジカ25周年記念コンサート第4弾決定!!

東欧のパリが世界に誇るオペラの殿堂、12年ぶりに日本再上陸!
19世紀半ば、ルーマニアにはイタリア各地からオペラ公演のための歌劇団が訪れ、1843年に設立されたイタリア劇場をルーツとする。
19世紀後半には歌劇場設立の機運が高まり、ブカレスト歌劇団やルーマニア歌劇協会が生まれ、ついに、マリー女王の支援によって1921年に国立歌劇場が設立された。その後は、ワーグナー『ローエングリン』の東欧初演やイタリア・オペラが次々と上演され隆盛を極めた。
しかし、第2次世界大戦の爆撃で焼失。終戦後は、ジョルジュ・エネスコ等の尽力により1954年に復興。これまでにチェリビダッケをはじめ国際的なルーマニア人指揮者が登場した。1990年代の独裁政権下での圧政を乗り越え、今や欧州各国やイスラエル、ロシアなどの世界各国で公演活動を繰り広げている。






ムーティが絶賛するミラノ・スカラ座の最新スター初来日決定!
ミリヤーナ・ニコリッチ(メゾ・ソプラノ)
セルビア生まれ。ベオグラード芸術大学へ学び、数多くのコンクールで受賞し、ベオグラード国立歌劇場の『魔笛』、『チェネレントラ』でオペラ・デビュー。2001年、ミラノ・スカラ座アカデミーへ奨学生として招かれて、指揮者リッカルド・ムーティの抜擢によって早くから頭角を現し、後に『オベルト』の主役クニーツァを歌い、ミラノ・スカラ座でデビュー。以来、スカラ座を中心に、イタリア各地の歌劇場やヨーロッパ各国のオペラ・フェスティバルや音楽祭に出演。イタリア、フランス、ドイツのオペラはもとより、モーツァルトのレクイエム、ヘンデルのメサイア等の宗教曲まで多彩な演目を誇る。
殊に 『カルメン』は、強烈な存在感の当たり役との評価が高く、今、世界が最も注目する若手歌手のひとりである。

S A B C
一般
\13,000 \10,500 \7,500 \6,000
メンバーズ
クラブ
\11,700 \9,500 \6,800 \5,500
学生券 \6,500 \5,250 \3,750 \3,000
残席状況

公演中止

公演中止 公演中止 公演中止
予約方法

公演中止

公演中止 公演中止 公演中止
 

HOME公演スケジュール
チケット申込
オフィス・ムジカメンバーズクラブ
ご意見・ご感想リンク集