イングリット・フジコ・ヘミング
ピアノ・ソロ・コンサート2015



2015年 4/22(水) 7:00pm開演(6:30pm開場)  熊本県立劇場コンサートホール
   
主催:RKK熊本放送


◎終了しました

永遠に輝き続ける、孤高のピアニスト!



◆PROGRAM◆   
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 「トルコ行進曲付」
リスト:ラ・カンパネラ
※やむをえない事情により曲目が変更となる場合があります。ご了承ください 


イングリット・フジコ・ヘミング(ピアノ)
スウェーデン人画家・建築家の父と、日本人ピアニストの母の間にベルリンで生まれる。
母の手ほどきでピアノを始め、10歳でレオニード・クロイツアーに師事。黒いツァーは「彼女はいまに世界中の人々を感激させるピアニストになるだろう」と予言をしていた。
東京芸大を経て、文化放送音楽賞、NHK毎日コンクール賞、その後、ベルリン高等音楽学校に1位で入学、その後、ウィーンでパウル・バドゥラ=スコダに師事。ブルーノ・マデルナ、レナード・バーンスタイン、チェルカウスキーマガロフ等多くのクラシック界の権威にその才能を認められて支持を獲得し、コンサートを行っていたが、聴力を失うアクシデントに遭遇。
1999年、リサイタルとNHKのドキュメント番組が大反響を呼び、デビューCD“奇跡のカンパネラ”他をリリース。クラシック界異例の売上で、日本ゴールド・ディスク大賞、クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを4回受賞した。
モスクワ・フィル、ロイヤル・フィルなど世界各地の著名オーケストラと共演。彼女と共演したミッシャ・マイスキーは「あなたの芸術を賞賛します」と形容している他、共演した多くのアーティスト達が絶賛している。また、ヨーロッパの数々のフェスティバルからも招待されている。
毎年多くのチャリティ・コンサートを行っている他、大の動物保護団体も出来ている。
2013年、スペイン最大のクラシック・ラジオ番組「カタルーニャ・ラジオ」のリスナーにより、フジコの最新CDが1位に選ばれた。2014年には、9月から11月まで、ヨーロッパ9カ国11会場で演奏会を開催し、各地でスタンディング・オベーションを受け、大好評を博した。そして今後の予定として、ウクライナフィル、モスクワフィル、プラハラジオシンフォニー、NHK交響楽団より招待をうけ協演を控えている。


◎オフィス・ムジカでのチケットの取扱いは終了いたしました

SS S A
一般
\12,000 \10,000 \8,000
メンバーズ
クラブ

-

- -
学生 - - -
残席状況 オフィス・ムジカ
での 取扱なし
取扱終了 取扱終了
予約方法

オフィス・ムジカ
での 取扱なし

取扱終了 取扱終了
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※SS席のお取り扱いはございません。他のプレイガイド等でお求め下さい



HOME公演スケジュール
チケット申込
オフィス・ムジカメンバーズクラブ
ご意見・ご感想リンク集