イヴリー・ギトリス ヴァイオリン・リサイタル
〔共演〕 ウ゛ァイオリン:木野雅之(日本フィル ソロ・コンサートマスター)
チェンバロ:平沢匡朗
弦楽アンサンブル:ヴィルトゥオーゾ肥後



2013年 6/19(水) 7:00pm開演  熊本県立劇場コンサートホール

主催:イヴリー・ギトリス熊本公演実行委員会


終了しました



90歳を迎えた20世紀最後の巨匠。待望の熊本初公演


◆予定演奏曲目◆*当日発表とさせていただきます
クライスラー小品集:「愛の悲しみ」、「美しきロスマリン」 他
マスネ:タイスの瞑想曲
J.S.バッハ:二つのヴァイオリンのための協奏曲BWV1043 ほか

 

イヴリー・ギトリス Ivry Gitlis
(ヴァイオリン)  

1922年イスラエルのハイファ生まれ。5歳でヴァイオリンを始め、7歳で最初の演奏会を開く。演奏を聴いたフーベルマンに見出されてフランスに渡り、12歳でパリ音楽院を首席で卒業。その後もジョルジュ・エネスコ、ジャック・ティボー、カール・フレッシュ等の名ヴァイオリニストの下で研鑽を積む。1951年ロン=ティボー国際音楽コンクールに入賞、56年にアメリカデビューを果たし、超絶技巧の天才ヴァイオリニストとして世界的な賞賛を博して、活躍の舞台を全世界に広げる。19世紀の演奏様式、音楽感を伝える希少な演奏家で、カザルス、ハイフェッツ、ゼルキン、オーマンディ、セル、ホーレンシュタイン、クリュイタンスなど歴史上の名匠と共演を行い、「別府アルゲリッチ音楽祭」で共演のアルゲリッチを始め、バレンボイム、メータ、インバル、デュトワ、パリ管弦楽団、ニューヨーク・フィル、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、コンセルトヘボウ管弦楽団、レニングラード・フィル等々、多くの一流演奏家から招かれている。レコーディング歴も豊富で、ACCフランス・ディスク大賞、米ヘラルド・トリビューン年間ベスト・レコーディングなど各国で高い評価を得ている。日本では、アルゲリッチ音楽祭ライヴ・ソナタ集、カザルスホールの無伴奏DVD等独自のリリースも多い。最近では名盤「24のカプリース」CD、チャイコフスキー協奏曲DVDもリリースされた。2011年5月には東日本大震災の被災者のために石巻市を訪れて演奏活動を行い、以来、来日公演のたびに東北地方を訪れて慰問演奏を行っている。

 

木野雅之 Masayuki Kino
(ヴァイオリン)  

桐朋学園を経て英国・ギルドホール音楽院で学ぶ。名匠ニーマン教授、ミルシュタイン、リッチ、ギトリスらに師事。カールフレッシュ国際コンクール、メニューイン国際コンクールで受賞。1987年にはロイヤルオーケストラ協会銀メダルを授与されロンドン記念演奏会を行った。これまでにロイヤル・フィル、ベルリン交響楽団等と共演し、サンレモ等の国際音楽祭に多数参加。名古屋フィル コンサートマスター、日本フィル ソロ・コンサートマスターを歴任し、桐朋学園、武蔵野音大、東京音大での指導をはじめ世界各国でマスタークラスを開く。オクタヴィア・レコード他より多数のCDをリリース。使用楽器は恩師リッチから譲り受けた1776年製のロレンツォ・ストリオー二。


ヴィルトゥオーゾ肥後 (弦楽アンサンブル)
〜九州を中心に活動する有志による特別編成のアンサンブル〜
ヴァイオリン:上野美科上山文子、千場芙美、園田めぐみ、瀧口直毅、龍野満里絵、田中唱、黒葛原康子、野田沙織、広瀬祐子、吉原康平
ヴィオラ:村山隆、辰野陽子
チェロ:宮田浩久、宮本百合子
コントラバス・編曲:岩井宏司



HOME公演スケジュール
チケット申込
オフィス・ムジカメンバーズクラブ
ご意見・ご感想リンク集