クレーメル・トリオ コンサート
公演アンケートより

2011年4月12日(火)アクロス福岡シンフォニーホール
2011年4月13日(水)熊本県立劇場コンサートホール
終演後にいただきましたアンケートから、そのいくつかをご紹介します。
 

♪ 中止公演が相次ぐ中、音楽会を催行して下さったこと、とても嬉しく思います。バッハのシャコンヌでは、ニュースを見るよりも深く、悲しみ苦しみに寄り添えた気がしました。涙が溢れ素晴らしい演奏でした。一方ブラームスでは、ニュースのことをすっかり忘れ、音楽の力を改めて感じています。本当に中止にならなくて良かった!! ありがとうございました。(38歳・女性)

♪ とても素敵な音色でした。このような時に来日して演奏していただいて、本当に感謝です。(女性)

♪ 演奏を通じて、祈りと温かな気持ちが伝わってきて、本当に感動しました。こんなときに私達日本人を力づけるために来日して下さった演奏者の方々に心から感謝します。ありがとう!!特にバッハのシャコンヌがすばらしかったです。

♪ ヴァイオリンの音が生きていました。弾いているのではなく、鳴っていて、流れていました。ブラームスのソナタ、素晴らしかったです。ピアノとヴァイオリンがぴったり合わさっていて素晴らしかった。私もこんなピアノを弾きたいと思いました。こんな時でも来て頂いてありがとうございました。チェロは優しく柔らかでした。ショスタコはとても詩的で雪の景色が見えました。(36歳・女性)

♪ シューマンとチャイコフスキーのトリオが聴けなかったのは残念ですが、それよりも、クレーメルが予定通りに来てくれたことに感激でした。初めて生で聴いたのですが、素晴らしかったです。最初の曲から最後まで“耳”を離せない演奏会でした。ショスタコーヴィチがすごく面白かったし、大好きなブラームスの3番ですが、あんなに感動したのは初めてでした。このコンサートを招聘していただいてありがとうございました!!(女性)

♪ 感動したというより圧倒されたと言うべきか。特にバッハでは、巨大な音楽のかたまりにペッタンコにされたという気がします。(41歳・女性)

♪ シャコンヌ。涙でかすみ、ヴァイオリンを眼にとどめることが出来ませんでした。もはや魂の宿った命でした。ありがとうございました。ギドン・クレーメルからのメッセージにも感動しました。(38歳・女性)

♪ 今回のコンサートはアファナシェフの緊急出演決定があったので、急いで当日券を手に入れ、聴きました。もちろん、アファナシェフによって、トリオはバランスが抜群で非の打ちどころがなかった上に、ピアノのトリオの面白さはこの人でなければここまで出なかったと思いました。しかし、何より貴重だったのは、曲順で1番に演奏されたシュニトケのクレーメルの演奏!!これは1番に演奏されるべき。緊張感と聴衆の集中力加減がまさにピッタリ。最高でした!また是非アファナシェフを呼んで頂きたい!(28歳・女性)

♪ ピアニストの変更で、念願のアファナシェフの演奏が聴けて感激しました。(58歳・男性)

♪ アファナシェフ、やっぱり素晴らしいピアニストです。彼のブラームスの小品集はここ10年くらい愛聴していますが、いまだに飽きがきません。(49歳・男性)

♪ 3人の名手による演奏は素晴らしかった。ショスタコーヴィチのピアノ三重奏の生演奏は初めてで、とても良かった。Danke Schen.(64歳・男性)

♪ クレメラータ・バルティカの演奏会をテレビで聴いて、何かギドン・クレーメルの人間性がしっかり解った感じがして、熊本で実際に聴けるとは思いもしなかったので、ただただ感謝して聴きました。ピアソラのブエノスアイレスの四季を弾かれたのですが、幸せそうに自分が楽しんでおられる感じが魅力的でした(テレビを見た時は)。美しい音と、特にショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲の素晴らしさは忘れられない思い出になります。(72歳・女性)

♪熊本でクレーメルの生演奏が聴けるなんて思ってもいませんでした。とても美しい演奏会でした

♪日本で生演奏が聴けるとは思っていませんでした。一生の思い出にします。(21歳・女性)

♪ ヴァイオリンの音色の豊かさ、ピアノも、とってもよくて、期待以上でした。特に2部のプログラムは震災を意識して組まれたものでしょうね。ショスタコーヴィチの3楽章には、地震・津波も思わせ、アンコールでは呼びかけに応じるキズナを感じました。

♪ すごいすごい!!クレーメル素晴らしかったです。特にバッハとブラームス。またクレーメル来熊されることをお願いします。お世話も大変なことでしょうけど、頑張られて下さい。(72歳・女性)

♪ とても良かったです。サイン会まで行われ夢のようでした。(40歳・女性)


今回は東日本大震災の影響で、当初予定されていたピアニストの来日が出来なくなり、公演自体も行われるかどうかが危ぶまれましたが、アファナシェフという超強力な代役により、無事に公演が実現しました。公演後には、サイン会まで行われ会場は熱気に満ち溢れていました。 演奏者と曲目の急な変更にもかかわらず、公演にお越しいただいた皆様に心より感謝申し上げます。

 
《公演詳細》