ロシア国立サンクトペテルブルク・アカデミー
バレエ「ロミオとジュリエット」

公演アンケートより

2011年10月18日(火)熊本県立劇場演劇ホール
終演後にいただきましたアンケートから、そのいくつかをご紹介します。
  

♪ 新しい演出に心おどりました。斬新な感じもあり、何か新しい時代を感じました。(41歳・女性)

♪ 演出が素敵。予想外で楽しかった。モダンアートを感じる。(63歳・女性)

♪ ペトゥホフ版は日本初演ということで、とても新鮮でした。シンプルな舞台装飾が、かえって踊りを引き立て、感動を深くしていたと思います。北九州から車で来たので、少し疲れて眠たかったのですが、眠気も消える素敵なステージでした。(56歳・女性)

♪ 演出が素晴らしかったです。(49歳・女性)

♪ とてもすばらしかったです。またみたいです。(11歳・女性)

♪ むずかしかった。(8歳・女性)

♪ とてもおもしろかったし、みんなからだがやわらかかったです。とてもびっくりしました。(7歳・女性)

♪ とても感動して、最後は涙が出ました。また観たいです。(女性)

♪ 従来の演出と違い、あまり具体的な情景描写にこだわらず、登場人物の心情を中心に描いているところがおもしろい。ダイナミックな振り付けで、マクミラン版のような「セリフが聴こえるような」踊りとはまた違うドラマティックな感情表現が素晴らしかった。(35歳・女性)

♪ 演出がとても珍しいと思いました。ラストも素晴らしかったです。ロミオが若々しさを感じられませんでしたが、ジュリエットの乳母やマキューシオがとても好ましかったです。(67歳・女性)

♪ ティボルトとマキューシオの対立の場面はドキドキしたし、乳母のコミカルな動きはとても楽しかった!(38歳・女性)

♪ 海外のバレエ団公演を初めて見ました。とても凄かったので、また公演がありましたら行きます。(女性)

♪ 初めてバレエを観ました。クラシック音楽のコンサートは何度も来ていますが、バレエは初めてです。言葉も使わないのに体一つで素晴らしいと思いました。音楽が生演奏だったらもっと良かったと思います。熊本では難しいでしょうか?今日のバレエは最後は鳥肌が立つほどでした。もっともっと、できたら海外のバレエやオペラを観てみたいです。またそういう機会を待っています。(35歳・女性)

♪とても素晴らしい舞台を観ることができました。バレエを10年習っているので、バレエは踊ることも観ることも大好きです。時々県外の公演にも出掛けます。熊本ではプロのバレエ公演が少ないのがとても残念です。日本や海外、もっとたくさんの舞台が観られる機会があると良いと思います。(15歳・女性)



熊本での海外バレエ団による「ロミオとジュリエット」の公演は30年ぶり。Y・ペトホフによる斬新な新演出ということで、どのような反応があるのか期待と不安がありましたが、好意的なご意見を数多くいただきました。 芸術監督としては初来日だったマリインスキー劇場のスター、A・ファジェーエフ氏を休憩時間などに客席やロビーで目撃された方も多かったのでは? 背が高く格好良かったです!

《公演詳細》