スラヴァ インタビュー

7年ぶりの熊本公演を前に、快くインタビューに応えてくれたスラヴァ!
美しい声を保つ秘訣やプライベートのこと、これからの予定など。
ファンの皆さん必見です!


--美しい声を保つために、普段からどういうケアをされてますか?
美しい声なんて、褒めてくれてありがとうございます。気にしていることといえば、凄く冷たいものを飲まない、凄く辛いものは、食べないです。あと、寒い日は、厚手のマフラーかセーターで首を守ります。また、声や技術を維持するにはボイストレーニングが最も重要です。とは言っても、私の声は、神からの贈り物だと思っておりますので、感謝しています。

--好きな音楽家は誰ですか?また、普段プライベートではどういう音楽を聴かれますか?
私にとってのNo1は常にレナード・バーンスタインです。彼は私の人生に多大な影響を与えてくれた人の一人です。個人的にも私は友人として彼が大好きですし、レナード・バーンスタインという人は我々の生きる時代で最もすぐれた音楽家の一人といえます。自宅にはたくさんのクラシック音楽のコレクションを持ってはいますが、クラシック音楽だけではなく、どのようなジャンルの音楽でも、それが素晴らしく優れたものであれば、ジャズやアンビエント、フォーク、ポップ、ハウス、もしくはヒップホップであっても、興味を惹かれます。

--イスラエルに拠点を置かれているそうですが、暮らされている街はどんなところですか?
2000年からテレアビブに住んでいます。ここは、適度な広さの街で素敵な海とビーチがあります。昼も夜も両方楽しむことができ、特に天気の良い日は、最高です。

--一番印象に残っている都市、好きな街はどこですか?
LONDON!

--普段、ステージ衣装で気をつけていらっしゃる点は?
ステージ衣装は燕尾服をよく選びますが、ヒットソングコレクションを歌う時は、エレガントなスーツを着ますね。"cabaret"のような曲を歌う時は、帽子もかぶりますし、シルクのスカーフもつけたりします。


--一ステージ上での思わぬハプニングや失敗談は?
ステージでの面白いハプニングは本当にたくさんありすぎますので、ここで短くは語れませんが、いつもステージに立つときは楽しみであり、ワクワクしますよ。

--ステージに上がる前はどのようにして気分を落ち着かせますか?ジンクスはありますか?
ステージに立つ前、たいてい1時間半前から一人になるようにします。ステージ前は多少は緊張しますが、それよりも興奮する感じがいいです。なぜならショーの一回一回が私にとって特別ですから!!!

--クリスマスの思い出で印象に残っている事はありますか?ふるさとでは、どんなクリスマスを過ごされていましたか?
クリスマスは大好きで、通常ヨーロッパで友人と過ごします。大体はロンドンです。

--今後歌ってみたい、もしくは好きな日本の歌はありますか?
五木の子守唄

--今後、挑戦してみたいことはありますか?
来年いくつかのプロジェクトがあり、その一つでとても楽しみなプロジェクトは、アヴェ・マリアのプロデユーサー、Greg Walsh氏と新しいCDのレコーディングをします。

--1996年、2002年につづき、3度目の熊本です。久しぶりの公演を楽しみに待っているファンの皆さんへメッセージをお願いします。
親愛なる皆様、熊本は3回目となりますが、大変楽しみにしております。熊本は、とても温かい思い出があり、素晴らしいもてなしを受けました。また、熊本の良き友人にも是非お会いしたいです。何よりも、12月19日のコンサートを楽しみにしています。本当にクリスマスの前ですが、それまで皆様のご健康とご活躍を祈っております。
Always yours  
SLAVA  


《公演詳細》