オフィス・ムジカシリーズ#238・239
ニコライ・トカレフ ピアノ・リサイタル2013



2013年 5/19(日) 2:00pm開演   熊本県立劇場コンサートホール
2013年 5/22(水) 7:00pm開演  アクロス福岡シンフォニーホール

主催:オフィス・ムジカ 後援:オフィス・ムジカメンバーズクラブ


終了しました

〈アンコール曲〉

【5/19 熊本公演】

リスト/ラ・カンパネッラ
ショパン/マズルカ イ短調 op.17-4
バッハ(ジロティ編)/前奏曲 ロ短調 BWV.855a


【5/22 福岡公演】
リスト/ラ・カンパネッラ
ショパン/マズルカ イ短調 op.17-4

ハチャトゥリアン/剣の舞

王道を歩み始めた新星ヴィルトゥオーゾ

2014年ベルリン・フィル、ミュンヘン・フィルの定期演奏会への
デビュー、共演が決定!


◆PROGRAM◆
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 「熱情」 ヘ短調 op.57
モーツァルト=リスト(ブゾーニ編曲)
   歌劇「フィガロの結婚」より、2つの動機による幻想曲S.697
ショパン:スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31
ショパン:練習曲「革命」 ハ短調 op.10-12
ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 op.67
スクリャービン:練習曲 嬰ハ短調 op.2-1(3つの作品より)
スクリャービン:練習曲「悲愴」 嬰ニ短調 op.8-12(12の練習曲より)
P.パブスト:チャイコフスキーの「眠れる森の美女」の
        主題によるピアノのための幻想曲
A.ローゼンブラット:ラプソディー“リスト幻想”
※曲目は変更になる場合があります

《音楽評論家、真嶋雄大氏が語るトカレフ》


ニコライ・トカレフ Nikolai Tokarev (ピアノ)  
1983年モスクワに生まれる。90年モスクワ市立グネシン記念中等音楽専門学校に入学。95年スクリャービン記念ホール(モスクワ)にてリサイタル・デビュー。97年東京での初来日公演を大成功のうちに収め、98年全国各地でコンサートを開催。99年東京公演の模様がNHKBS放送で放映され、絶大な人気を博す。フランス・カリマール国際音楽祭に参加。2000年の来日公演ではリサイタルの他、読売日本交響楽団と協演し、更にグネシン・ヴィルトゥオーソと来日。01年は大阪センチュリー交響楽団と協演し、さらにリサイタルを行う。02年は、ロシア・フィルハーモニー交響楽団のソリストとして来日し好評を博した。04年東京公演の模様がNHK-FMラジオにて放送される。06年ロシアの作曲家兼ピアニストであるローゼンブラットと来日し2台のピアノ・リサイタルを開催し注目された。07年ソニー・ミュージック・ジャパン・インターナショナルよりCDメジャーデビューし、来日10周年特別コンサートを行い好評を博した。08年ルツェルン交響楽団のソリストとして来日。現在、ドイツ・デュセルドルフに住み、ヨーロッパを中心に演奏活動を行っている。近年はカメラータ・ザルツブルク、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、ロシア交響楽団、BBC交響楽団等と協演。数々の国際音楽フェスティバルにも参加している。2013年はファン待望の4年ぶりの来日となり、大いに注目されている。



月刊『ショパン』3月号にインタビュー掲載!

HOME公演スケジュール
チケット申込
オフィス・ムジカメンバーズクラブ
ご意見・ご感想リンク集